スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日でふつかめ。

昨日、息子とスタートしました
600メートル走、本日2日目を迎えました。


さすがにまだまだ私の方が歩幅も広く、走るのは早いみたいだけど
走った後の回復しないことときたら!!

いつまでも心臓はばくんばくん。
肩とか心臓周囲とか痛くなるし

もしかして、このまま
し、し、死ぬんじゃ!!!!!


とか思ったのも今日で二日目。


とりあえず生きてます。


走りながら
後ろを振り返ると息子がついてきてるのっていいね。

一生の思い出になりそうな感じも今日で二日目。
スポンサーサイト

高い壁

思いつめた表情の息子に
何があったのか聞いてみたら

バスケで走るのが辛いとこぼした。


ちょっと小デブの息子にとって
アスリート並の体型でキレのある走りを見せる
仲間たちと肩を並べて走るのは
本当に辛いことのよう。


困ったことに長距離に関しては
走りたくないとこぼす息子に
私も共感しかわかない。


持久走は雨でなくなれ!と天に向かって雨乞いしてた私である。

体育で走るとなると
先頭とインコース走る女子に


「あそことあそこのポイントはトラックを無視して
 内側を走るように」


そう指令を出していた最低な人間なんだもの。


それなのに

「男なんだから、ひたすら走れ」

そんなこと逆立ちしたって言えない。


無理するな、辛かったら抜けなさい、と言ってるんだけど
すでに男のプライドはあるようで。

昨日の集中ランニングトレーニングも
抜けずにやりきったらしい。


心肺機能ってどうやったら上がるんだろう。

考えてもよくわからないから
今日から一緒に走ろうと思う。


三日坊主ならぬ
一日坊主になりそうな自分だけど(汗)


まずはご近所1週。1キロあるかな(笑)


価値あるものを使い倒す宣言

最近、実は小学6年生の子供たちとの
友情を育んでいます。


同じバスケチームの6年生のお兄ちゃんお姉ちゃんを
家が近いことを理由に練習のある日は
息子と共に体育館まで送迎しているんだけど。

この子たちが本当に良く出来た子たちで
大好きになってしまいました。

私の乗ってる車に子供数名を乗せると
超タイト。

ぎゅうぎゅう詰め。


今どきのファミリーカーは大型車。
申し訳ないなと思って

「うちの車、狭くてごめんね」と言うと


「狭い車に乗ってるとなんだかワクワクしてくるんだ」


とか言われてしまい、抱きしめたくなりました。



うちの子が使っているリュックは
その子からのお下がり。


そのリュック、三代目とか。
汚れててぜんぜん、きれいじゃない。


でもその子の頑張ってきた気持ちが
染み込んでいて
私たち親子にとっては
どんなバッグよりも価値のある物。


使い古されているリュックには
子供たちのバスケへの想いが詰まってる。


今日、試合に負けてしまって
リュックをくれた子の小学時代のバスケ活動は幕をおろしました。

悔しくてどんなに泣いただろうと想像しただけで
こっちまで泣けてくる。


せっかく仲良くなれたのに
卒業式まであと僅か。


リュック、ずっと大切に使わせてもらおう。

キーワード

尾崎豊さん作詞の「I LOVE YOU」

歌詞の中に


「優しさを持ちより」という表現があるのですが

状況を勝手に想像しては
うっとりしちゃっています。

素敵な表現ですよね。

実際、優しさを持ちよるってどんな感じなんだろうと
考えてみたけど
きっと言葉はない世界のような気がします。





当時、不倫相手と噂されていた人に捧げる歌と
評判でしたが。



で 私はいつか女性の心を鷲掴みしちゃえるこのステキな表現を
占いの文章に取り入れようと狙っているわけであります。


読んだ人は「あっ、これって…」と思うかもしれません。

それほど、尾崎さんの世界観とキーワードは
唯一無二で
他にはないものかもしれません。

雪あかり

初雪。

雪灯りを楽しむために
先ほど、ひとり外に出てみました。

本日ヒッキーのため、初外出。

夜更けにひとり。
雪遊びしてきました。


雪が降る静けさも
夜なのに明るい景色も大好き。


サクサクと音を立てる足もとを見つめながら
積もった雪をつい分析してしまうのは
北国で育ったせい。


雪が降るとすべてがマヒしちゃう感じの関東事情は
不便で困るんだけど


雪に振り回される感じ、
私は嫌いじゃない。


明日のランチはキャンセルになっちゃったけど
うれしいお休みを満喫しよう。


35_sam.jpg

鬼考察。

とゆーわけで鬼が辞めることによって
就業時間は夕方まで、というとこの業界では絶対有り得ない時間枠で
優遇されている私の身の上にも
当然、火の粉は降りかかってきました。


案の定、時間延長のお話が。


散々、考えたけど
やっぱり、私にとって今は仕事よりも子育てが一番!


息子の笑顔が
私にとって一番の幸せ。


時間延長はある程度までしか出来ないことを
きちんとお伝えしたら社長にもわかってもらえたし
良かった。



先月、2人辞めただけでも手痛いのに
まだ日も浅いこの時期に平然と辞めるあたり。


鬼が「鬼」と呼ばれてしまう所以で
思わずみんなが舌打ちしちゃうのも仕方ないのです。


そんな鬼はさすがにオシャレ。
抜群のスタイルで細いパンツを履きこなす。

体型は変えられないけど
あと2週間で鬼のいいとこ吸収しなきゃ。

DEAR 愛すべき鬼へ ~Last悪態~

先月、ふたりの先輩が退職されました。

増員するかと思いきや、人員補充なしで続行が決定。

2店舗を5人で見なければならなくなりました。

それだけでも縮み上がる思い。
それなのに追い討ちをかけるように
今日、衝撃的な事実が…


尊敬しているけど、たまに世界一嫌いになる鬼が
退職するらしい。

びっくり。
最近、ご機嫌だったのはそのせいだったんだ。


あいつは最後まで鬼だった。とことん嫌な鬼だ。

寂しくて涙が止まらない。

マルディグラ

フランス・アメリカ・イギリスあたりかな。←ざっくりですが

マルディグラというイベントがあるそうで
アメリカあたりでは「懺悔の火曜日」の名のもとに
懺悔とは何ら関係のない
楽しいイベントになってるみたいだけど。

たとえ楽しいイベントだとしても
実は心の中では神様にお詫びしてるのかもしれないし
年に一度、自分のおぞましい罪を償いたい気持ちには
なるのかもしれないよね。

日本には自分の罪を告白して
神様の代わりに私が許します、なんて言ってくれる神父さんはいないので
結局、自分の罪は自分で償うしかない。


私にも人様には決して言えない
罪がいくつかあります。

当時は、悪いなんてひとつも思っていないんだけど
年を重ねるごとに私は自分がしてしまった悪事を思い出しては
胸がチクリと痛む始末。


こうして宇宙の曼荼羅は
巡り巡って
私のもとに痛みを運んでくる。


今は社会の歯車となって
身を尽くすことが私にできる唯一の懺悔かも。


2940878.jpg

DM

すっかり壇蜜の虜。

今更脱ぎたくないって言うなんて!と非難されてるみたいだけど
女だもん。

秋空のように気が変わるのは当然ですわ。



彼女のブログがシュールでとてもいいのです。

思わずその先を聞きたくなってしまう。


黒髪の白拍子


白拍子って聞くと内田春菊さんを思い出してしまう。
感覚的にも近いものを感じるかも。

ちょっとした柔らかさって大切なんだね


さて私は脱がせるのではなく
着せるのが仕事。


明日もバリッといこうぢゃないか。

刺激JILL

おはようございます。

出勤前です。

先日、刺激がどーのという愚痴ブログを書き
削除しちゃいました。

最近、働いてるお店のお洋服に刺激を感じないせい。

なんとゆーかオーソドックス。


たまに入荷するキュートなインポートものに
目を輝かせて気持ち繋いでる感じです。


昨日、jill stuart覗いたら刺激的でした☆
ようやく、満たされた感じ。


ファッションって冒険テイストがないと
魅力的じゃない気がする。(私は)


しばらく引きこもってたせいかな。

幸せは待ってても歩いてやってこないことを
新年早々、感じられて良かった。


今年も幸せ探しに出かけていこうっと♫

crazy about basketball

2012の12月30日 私が納まったのはバスケの納会。

子供のことで納会なんて!
自分の執筆活動で納めたい!なんて29日は思っていましたが
結果的に

「ああ すばらしき、バスケ也」と納会満喫。


ママ対抗のバスケの試合に出場。

6年生のママに華を持たせましょうね

と思っていたのも束の間、本気で攻め込み
しかもママ達が取り合ってるボールを横から取り上げて
ゴールに向かうって今考えてみたら、やり過ぎだよね。

控えのママ達に
アイツ、新入りのくせに…本気になっちゃって
空気読めない奴!!と言われてたかも。

でもいいの。スポーツは下克上だもん。


こんなにもバスケ漬けの私ですが
2ヶ月前まではそんなことになるなんて
これっぽっちも思っていないのです。

この2ヶ月ですっかり変わってしまった私。


そしてまた数日後には私のバスケ活動が始まる。

毎日毎日、大変!と思っているのに
今では早く始まらないかなと思ったりしてる。



どうしてそんなことを思ってしまうかというと
バスケに夢中になっている子供たちと
子供たちを支えているママたち
コーチ、監督。

みんながとても魅力的だから。

特に6年生の子供たちは
素敵すぎてまぶしい。


いつの間にか巻き込まれて
夢中になってるなんて
なんだか恋に似てるよね。

今年も私は

crazy about basketball !!




プロフィール

花マロリン

Author:花マロリン
40代ってセカンド思春期。

誰もが通る道を美しく綴りたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
7533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
976位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

気づけばそこは幸せの世界

zenzel

元祖 めれんげの酒と音楽な日々

小市民の床屋談義
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
現在の閲覧者数:
3Dのクリスマスツリー・ブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。